広島市佐伯区五日市の着物屋さん
RSS
 

草履はこのままでいいの?

カレンブロッソ カフェぞうり
カフェ草履が人気です
実は私も履いています
まるで靴を履いてる感覚、とにかく楽です
全国的に人気で本日現在、二か月待ちの状態です
なぜこれほど人気なのかと考えてみますと、それはこれまでの草履に問題があったのだと考えます

一月の成人の日の事です
あかねやは販売もレンタルもやっています
昨年度も80名様以上携わりました
今年の成人日は雨でした
東京あたりでは雨や雪で大変な状態であったのはテレビの映像でもご記憶があろうかとおもいます
ここ広島市は幸い10:30頃には雨はやみ、いつものように楽しいい成人式があったとお客様より伺いました
よかったな~と我々は胸をなでおろしたものです。

後日レンタル品の回収が始まり振袖一式をチェックします
そこで草履の話です
草履の裏がはがれかけている物が2件ありました
草履の裏がはがれるという事例は私がこの業界に入ってからも何度かあることです
しょうがないな~ 草履の寿命でろうと思っていました
ところがよくよく調べてみるとその草履はこの度、新しく下した新品草履でした
レンタル品ですのでそんなに高価なものをお付けすることはできませんが、販売価格で15000円前後の草履です
メーカーにクレームを入れました
すると案の定、想定した返事がかえってきました
「成人の日は雨が降ったでしょう、草履は雨に弱いですから・・・
底部分と本体は接着剤で付けていますが水が入るとはがれやすくなるのです・・うんぬんと・・」
思ったとうりの回答で、これまでの私なら草履とはそういう物だと納得していたのですが、ちょっと待てよ!
そんなの履物じゃないよ!
雨はふるよ!
それは仕方がない!
雨の日には履けない履物なんておかしいよ!
まして広島の場合は10時半には降り止んでます
川の中を歩いたわけじゃない!
そんなの履物じゃないですよ!
皆さんそう思いませんか?

これまでの草履の常識もおかしいと思うのです
「かかとが人指くらい草履台からはみ出すくらいがちょうどよい」
と言われます
確かに見た目はきれいかもしれませんが、そんな上品な履き方ができるお客様がどのくらいおられるでしょう
ましてや履きなれない二十歳の娘さん
この頃の方は昔と違って足のサイズも幅も大きくなっています
あかねやでは通常よりワンサイズ大きめの草履をおすすめしています
履きなれない方にはやはり安心感のある大きめの草履の方が良いと経験的におもいます

個人的な結論として、今の草履はおかしいとおもいます
もっと履きやすく安心感のある草履が必要だったのだとおもいます
カフェ草履が売れるのがわかります
水に強く履きやすい、価格もそこそこリーズナブル、当店のお客様でも
「この草履をはいたら他のが履けなくなっちゃた!」との声をいただきます
あかねやは着物の好きさんを本気で増やそうと思っていますが、
そんなとき和装業界の常識が実はおかしいなと感じることが沢山ある様に思います。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ